事務所&SOHO相談可の高級マンション特集

新型コロナウイルスが世界中で流行する中、テレワーク(tele=離れた場所で、work=働くこと)を始めとして、働き方もすごいスピードで変化しています。小さな会社や個人事業を営む人にとって、新たな職場環境が必要になったとき、物件を探していると「事務所&SOHO相談可」という表記を目にしますよね。「事務所&SOHO相談可」の物件を探すときのポイントを押さえて、希望にかなう物件を見つけましょう。

SOHOや事務所利用可能な物件で仕事をする

事務所・SOHO相談可の物件を探す

SOHOとは

SOHOとは、「Small Office Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)」の略で、法人格を持つ小規模な会社や個人事業主が、小さな事務所や自宅でビジネスを行うスタイル、またはその空間・物件そのもののことを意味します。

上の写真は、中央区湊2丁目にあるシティタワー銀座東のSOHO棟の物件です。キッチンやバスルーム・トイレなど通常の住居用の物と同等の設備になっており、見た目ではSOHOや事務所利用可能かどうかはわかりません。物件探しをスタートする最初の一歩は、これから探そうとする物件が、居住用なのか事業用物件なのかを押さえることです。住居用と事業用の事務所とでは、契約が異なります。税金や保険なども変わってきます。仕事の内容によっては住居用では借りられないこともあります。わからないことがあればRENOSY(旧モダンスタンダード)までお問い合わせください。

SOHO物件のメリット

まず前提にある居住用の空間のため、生活可能な設備、つまりキッチン、お風呂などがあることです。オフィスで寝泊まりができる状態になります。そしてSOHO物件は、事業用物件よりも、初期の費用を安く抑えることができます。

SOHO物件のデメリット

建物が建築された時に、SOHOは視野になく、あくまでの一般の居住用として建てられたマンションを後からSOHO用に貸し出すという場合があります。そのような場合、例えば設備条件によっては、電気の容量が増やせないなどといった物件もあります。

また、事務所名の表札が出せないとう縛りのある場合があるようです。業務内容によって、少人数で静かに行う業務には向いています。例えば、執筆業やWEB制作業などです。大人数が出入りするような業務には向いていないと言えます。

事務所&SOHO相談可の物件をお探しの方

RENOSYでは、東京都内の事務所&SOHO相談可の物件をご案内できます。まずはお問い合わせください。

CONTACT US

お住まいや投資などの不動産に関する相談がありましたら、
下記リンクよりお問い合わせください。

Facebook Twitter Instagram LINE