低層マンションの高級マンション特集

日当たりが良好で閑静な住宅街に建っていることが多いなど、低層マンションには魅力がたっぷり存在します。そんな都内の選りすぐりの低層高級マンションを集めました。駅・路線、住所、人気のエリアから探すことができます。

低層マンション

低層マンションの物件に暮らしたい

低層マンションとは

低層マンションとは、2〜3階建てのマンションのことをいいます。しかし厳密な定義はないため、3〜5階建てのマンションを低層マンションと呼んでいるケースもあります。ちなみに、6階から20階建てを高層マンション、20階建て以上を超高層マンションもしくはタワーマンションと区別して呼びます。

低層マンションのメリット

1.閑静な住宅街

低層マンションは、高さ制限が設けられている第一種または第二種低層住居専用地域、第一種とほぼ同等の制限の田園住居地域に建設されることが多いのが特徴です。都市計画法の都市計画によって、これらの用途地域には建物の高さが10mまたは12mまでしか建てられない「高さ制限」があります。

そのため高層建築物などで突然眺望が遮られるという心配がありません。また、建築可能な建築物にも制限があります。建てられるのは、戸建てや幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教育施設、図書館、保育園、老人ホームや診療所などです。商業施設などが近隣にありません。また第一種・第二種低層住宅専用地域そして・園住居地域では、日影規制も厳しく、軒の高さが7mを超える建築物または、地階をのぞいて3階以上の建築物は建てられないというルールのため、日当たりがよい住環境が望めます。

建ぺい率も商業地域の80%と比較して第一種低層住居専用地域は30〜60%なので、ゆとりがある住みやすい住環境で暮らせます。

2.災害時にも安心

低層マンションは、地震や水害による停電などでエレベーターが動かなくなってしまった際に、容易に自力で階下へ降りることができるのもメリットのひとつです。

また、高層マンションと比較して地震による揺れが小さいことも特徴です。いざという時に安心して暮らすことができます。

3.ほどよいコミュニティの規模

ほとんどの場合、低層マンションの総戸数は20〜30戸程度の場合が多いです。同じマンションにどんな住人がいるか把握しやすく、部屋のタイプも似ているため家族構成やライフスタイルなどが似ているケース多いと言われています。

好みの問題でもありますが、近隣トラブルや防犯の観点から安心感をおぼえる人が多いのではないでしょうか。

低層マンションのデメリット

1.共用設備に大きな期待ができない

低層マンションの総戸数は20〜30戸程度の場合が多く、総戸数が小規模なため、大規模なタワーマンションに比較すると共用設備が乏しいと感じる可能性があります。

コンシェルジュサービスがないケースが多く、あったとしても管理費が割高であったりします。

2.駅や商業施設まで距離がある

閑静な住宅街なだけに、駅や商業施設が徒歩圏内にないケースが多いです。最寄り駅まで15分ほどという物件もあります。静かでゆとりある住環境である反面、ショッピングや駅へのアクセスが物足りないと感じることがあるでしょう。

3.住人同士の距離が近い

大規模なタワーマンションと比較すると戸数が少なく、自然と同じ人と顔を合わせる機会もあるため、マンション内のご近所付き合いを必要とされるケースがあるかもしれません。

低層マンションの物件をお探しの方

RENOSYでは、東京都内の低層マンションの物件をご案内できます。まずはお問い合わせください。

CONTACT US

お住まいや投資などの不動産に関する相談がありましたら、
下記リンクよりお問い合わせください。

Facebook Twitter Instagram LINE