LEASEリロケーション(転勤・出張)など短期間の賃貸管理について

Relocation(リロケーション)=転勤などで留守になった物件を貸し出すこと

MERITリロケーションのメリット

リロケーション(サービス)を利用すると、転勤や海外赴任等の理由で空き家になったご自宅を賃貸に出し、家賃収入を得ることができます。

入居者を早期に確保するため、リフォーム・リノベーションをして貸し出すという選択肢もございます。RENOSYでは、そういったニーズ・オーナー様メリットを考慮しご提案差し上げます。

  • 01空室期間に、家賃収入を
    得ることができる

    転勤や海外赴任等によって空室期間になっ てしまうと収入ゼロですが、リロケーションにより自宅を賃貸することで、毎月一定の家賃収入を得ることができます。リロケーション物件は一般的に家賃が相場よりも安く設定されるため、入居者も決まりやすいです。この得られた家賃収入を住宅ローン返済に充てることも可能です。

  • 02貸出期間終了後に
    自宅に戻ることができる

    リロケーションは、期間を定めた短期間の貸し出しとなるため、転勤等の期間終了後は再び自宅に戻ることができます。
    貸し出し期間を管理会社に伝えてあるため、借主との問題もありません。

  • 03物件の劣化を防ぐことが
    できる

    通常、人が住んでいない家・部屋については、湿気の多い日本では定期的な空気の入れ替え等を行わないと劣化の進行が早くなりますが、リロケーションを利用していると、借主様や業者によってメンテナンスされるため劣化を防ぐ効果があります。

DEMERITリロケーションのデメリット

一方でリロケーションをすることで、デメリットもあります。期間を限定した貸し出しとなるため、相場より安い賃料設定になったり、それでも入居者が決まらないリスクはあります。

  • 01安い賃料設定

    リロケーションは基本的には、通常の賃料相場よりも賃料を安く設定することが多いです。(期間限定の貸し出しとなるため)しかし、リロケーションをしなければ賃料が入ることもないため、多少相場より割安でも賃料が入るというのは魅力といえます。

  • 02未入居により家賃収入が
    得られない

    リロケーション物件の人気は高いものの、それでも入居者が決まらず空き家状態となっている部屋はあります。入居者が決まらない限り家賃収入はなく、人が住まない家は劣化していく恐れや泥棒に入られる可能性も出てきます。

  • 03入居者の使用状況次第で
    家が傷付いてしまう

    入居者の部屋の使用状況やモラルにより家が傷付く可能性が高まります。リスク回避のために、借主様の入居条件や審査を厳しめにすることが多いですが、通常入居者様との契約に、原状回復の規定も盛り込まれています。

FLOW実際の依頼の流れ

RENOSYで賃貸管理をする場合、
下記の流れで進めていきます。(例外もございます)

  • STEP 01
    賃貸借条件の提案、
    修繕等のご相談
  • STEP 02
    入居者様の募集
  • STEP 03
    申込受付・ご契約
  • STEP 04
    入居中
  • STEP 05
    更新・解約

PLAN 料金について

お客様のご要望に合わせて3つのプランの中から提案いたしますので、
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT US

お住まいや投資などの不動産に関する相談がありましたら、
下記リンクよりお問い合わせください。

Facebook Twitter Instagram LINE