POINT 01 リーシング※1による収益差(空室期間)

空室期間が伸びるとオーナー様の収益が下がります。空室期間に大きく関係するのが不動産会社のリーシング力です。

リーシング力は不動産会社によって差があります。モダンスタンダードは月間200万アクセスを超える高級賃貸サイトです。WEBでの集客力を活かしてリーシングをスピーディーに進めます。

また、オーナー様からお預かりした物件を自社だけで囲い込みすることなく、他の不動産会社にも広く開示し、早期にリーシングを実現します。(媒介契約時に独占募集期間の定めがある場合は除く)

※1【リーシング】とは
入居者に募集活動を行う宣伝および営業活動を意味する業務と、自社以外の同業他社が募集した顧客に対し、業者間ネットワークを通してアプローチする業務の総称です。

POINT 02 入居者属性による収益差(未回収賃料)

賃料の不払い、未回収はオーナー様の収益を圧迫します。それを防ぐためには支払い能力の高い借主様に入居してもらう必要があります。 そういったお客様を上手く集客できない不動産会社に物件を預けてしまうと、未回収賃料が発生するリスクが高まります。

モダンスタンダードの借主様は、外資系や国内大手企業の法人契約、医師・弁護士・税理士・会計士・経営者など属性の良い個人契約が中心です。賃料の未回収リスクが少ないのが特徴です。

当社が属性の良い借主様を集められる理由とは

POINT 03 賃貸管理法による収益差(退去精算)

退去時に的確に修繕費を請求しなければ収益が下がってしまいます。
そこで重要なのが退去立会いです。リフォーム業者任せの不動産会社に物件を預けてしまうと、不要な修繕費用の支払いだけでなく、空室期間が伸びてしまうリスクも高まります。

モダンスタンダードは大手不動産会社との取引が多く信頼できるリフォーム業者と提携しています。
退去時には、過失について借主負担となることを現地で的確に説明して相互確認を行うことを徹底しています。(国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に則ります。)

モダンスタンダードの選べる3つの賃貸管理プラン

POINT 04 売却時期による収益差(市場レポート)

賃貸経営の収益を最大化するために欠かせないのが出口戦略です。
オーナー様の多くが価格が上昇したタイミングで上手に売却し、売却益を最大化したいと考えます。

そのためには的確に売り時を見極めることと、早期に売却する必要があります。モダンスタンダードはGA technologies グループとしてAIや機械学習などを駆使し、時期によって最適な物件の運用方法を提案いたします。

まずは売却価格・賃料の査定をしてみる