更新日:2016年1月28日 | コラム
稼げる人は仕事後の時間を有効活用している 年収1500万のビジネスマンが高級賃貸マンションに住む理由


年収1000万、1500万以上といった稼げる人は、「お金や時間に余裕があるから高級マンションに住んでいる」と思っていませんか?そのイメージは半分正解、半分不正解と言えるでしょう。
そういった年収の高い稼げる人は、「高級マンションに住んでいるからこそ、時間を有効活用でき、さらなる余裕やモチベーションが生まれる」という側面もあるのです。
年収の高いビジネスマンが高級賃貸マンションを選ぶ理由について、探ってみました。

賃貸型高級マンションに住む真のメリット

ラ・トゥール代官山:室内モデルルーム

高級マンションに住むメリットには、広さ、グレードの高い部屋の内装、アクセスの良さ、防犯設備、ホテルのようなコンシェルジュサービスなどが挙げられます。しかし、真のメリットはそうした環境で暮らすことによって、生活の質自体が向上し、時間の有効活用につながるということでしょう。
広い部屋、整った内装、安心のセキュリティが保証されれば、家で過ごすリラックスタイムの質は当然向上します。家でのリラックスタイムの質が上がれば、疲労回復はもちろん、明日の仕事に向けて落ち着いて考えることもしやすくなります。
また、交通網が複雑な都内や都市部において、好アクセスの立地に暮らすことは、想像以上に時間の有効活用とストレス軽減につながります。仕事の面でもプライベートの面でも、フットワークも軽くなります。
加えて、高級マンションの中には、コンシェルジュサービスが優れている物件や、入居者用の簡易ジム、24時間営業のコンビニエンスストアなどが備え付けられている物件も少なくありません。日々の雑事にとらわれず、運動や買い物なども自宅でできるとなれば、さらに仕事後の時間は節約されます。

住むことが人脈を生むという効果も

人々が集まる場所

高級マンションに住むもう1つの大きなメリットに、住民同士の横のつながりが挙げられます。高級マンションには年収が高く、近い価値観や向上心を持った人々が集まります。例えば、企業のトップやそれに近い役員、医者や弁護士、芸能人やスポーツ選手などです。
そうした人々が集まる場所には、活気が生まれ、そこに身を置くことで自分自身を高められるという効果があります。自分が積極的に動けば、そうした環境で今までには得られなかった人脈を作ることも可能です。

特に賃貸型の高級マンションの場合は、今後長年の住み処と定める分譲型と違って、上昇志向を持った若い人が集まる傾向があります。さらに、企業のトップや芸能人などがセカンドハウスとして活用することも少なくありません。そうした環境でしか得られない人間関係も、賃貸型の高級マンションならではの特徴と言えるでしょう。
また、結婚や子どもの誕生・成長といったライフスタイルの変化に柔軟に対応しやすい点も、賃貸の魅力です。

まとめ

高級マンションに住むことが、時間の有効活用や新たな人脈につながるということを、年収の高いビジネスマンの多くは理解しています。そして、快適な環境で時間を有効活用することで、さらに仕事の効率やモチベーションを上げ、今以上に「稼げる人」になっていくのです。
また、そうした方は自分のステージが上がるごとに、よりグレードの高いマンションに移る傾向があるようです。そうした面でも、賃貸の身軽さがメリットとなっています。

今以上の「稼げる人」になるために、高級マンションという環境を選んでみるのも良いかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
運営事務局

運営事務局

宅地建物取引業免許番号:東京都知事(2)91130号株式会社Modern Standard
高級不動産|都心高級マンションの賃貸・管理・売買ならモダンスタンダードへ。年間1600件以上の仲介実績、受賞歴多数。資産運用のための物件購入から賃貸管理、住替えのためのお部屋探し、売却相談までワンストップで住まいのサポートを提供しています。東京都心の高級不動産なら弊社にお任せください。
このエントリーをはてなブックマークに追加


トップへ戻る