更新日:2017年4月22日 | コラム
話題のデカフェって何?美味しいデカフェが楽しめる都内のお店5選


朝の一杯に、仕事のお供に、ブレイクタイムに。香りとともに気分の切り替えや眠気覚ましに役立つ「コーヒー」は、忙しいビジネスマンの強い味方ですよね。

日本ではまだまだ積極的な周知はされていませんが、今回はコーヒーをこよなく愛する人のために、カフェインを気にせずにいつでも楽しめる「デカフェ」についてご紹介します。デカフェを楽しめる都内のお店もあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

健康志向の人や妊婦さんに人気の”デカフェ”って?

女性に人気のデカフェ

画像引用元:https://www.photo-ac.com/

デカフェ(decaf)コーヒーとは、カフェインをほぼ含まないコーヒーのことです。

文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版」によると、コーヒー豆の浸出液には150mlあたり約0.06 gのカフェインが含まれています。この「本来コーヒーに含まれているカフェイン」を、例えば有機溶剤や二酸化炭素によって除去する方法で作製したものがデカフェコーヒーです。なお、抽出されたカフェインは精製工程を経て医薬や工業用途などにも用いられるようです。

デカフェとカフェインレスとノンカフェイン どのような違いがある?

デカフェとカフェインレスなどの違い

画像引用元:https://www.pakutaso.com/

カフェイン成分を含まない飲み物の呼称としては、「カフェインレス」「デカフェ」「ノンカフェイン」などがあります。コーヒーに限らずお茶や紅茶にもカフェインは含まれていますが、カフェイン含有量による呼び名それぞれの違いは以下のとおりです。

・カフェインレス
カフェインを少し含んでいる。カフェインレスとは本来含有されているカフェインが90%以上除去されたもののことを指します。

・デカフェ
カフェインレスと同じくカフェインを少し含んでおり、国内ではノンカフェインとほぼ同義の意味で使われています。

・ノンカフェイン
カフェインを含まないもので、カフェインゼロと同義の言葉です。

「カフェインを含まないコーヒー」の魅力とは

デカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)の大きな魅力は、「カフェインの摂取量を気にせずに、気軽にコーヒーの味を楽しめること」にあります。また、東京都健康長寿医療センター研究所によると、コーヒーを飲むことでアンチエイジング効果も期待できるのだそうです。

“レギュラーコーヒーとデカフェともに起きた現象が2つある。1つは「mTORの活性が抑えられ、その量も減少したこと」。つまり、老化のスピードを遅らせる結果が得られたのだ。mTORの活性を抑えるのは、先行研究で示唆されたカフェインではなく、コーヒーそのものの作用だと考えられるという。”
引用元:コーヒーを飲んでアンチエイジング? | 全日本コーヒー協会

コーヒーの魅力的な効用をカフェインレスで楽しむことができる「デカフェコーヒー」は、健康を気にしている場合や夜眠りにつく前といったシチュエーションはもちろん、妊娠中など食事に気をつける必要がある方にも安心・安全のドリンクといえるでしょう。

東京都内で美味しいデカフェを楽しめるお店は?

デカフェを味わえるカフェ

画像引用元:https://www.photo-ac.com/

では、都内でおいしいデカフェを楽しめるお店についてご紹介しましょう。

月詠珈琲(ツクヨミコーヒー)

「スイス・ウォーター・プロセス(スイスウォーター製法」によるデカフェコーヒーなどが楽しめる珈琲店です。おすすめのデカフェメニューは「新月」。ケミカルフリーの製法によってカフェインだけをオフした、香味豊かな味を楽しむことができるコーヒーです。オンラインショップからカフェイン除去された状態のコーヒー豆を注文することもできます。

“渋谷店
東京都渋谷区道玄坂2−7−2 東方ビルB1F
<営業時間>
平日 9:00〜22:00
土曜 10:00〜22:00
日曜・祝日 10:00〜18:00
定休日 毎月第二日曜日”
引用元:東京・渋谷の自家焙煎スペシャルティコーヒー|月詠珈琲
http://tsukuyomi-coffee.com/

GLAUBELL COFFEE(グラウベルコーヒー)

カフェインを99.9%取り除いたデカフェコーヒーなどが楽しめる珈琲店です。風味がよく消費者を満足させる「スペシャルティコーヒー」など、毎日のコーヒータイムが楽しくなる豆の販売を行っています。カフェスペースもあり。

“ADDRESS=東京都世田谷区代田5-7-9
OPEN=木曜日~土曜日 13:00~17:00”
引用元:GLAUBELL
http://www.glaubell.net/?mode=f13

coffee caraway(コーヒー・キャラウェイ)

「わたしに、やさしいコーヒー」をコンセプトに、一人ひとりに合ったコーヒーを提供してくれる珈琲店です。自家焙煎の豆を使用したデカフェコーヒーも取り扱っています。(2017年3月時点)

“東京都目黒区五本木2-13-1
営業時間: 12:30~18:30  日、月曜休”
引用元:coffee caraway コーヒー・キャラウェイ
http://c-caraway.com/

Bun Coffee(バンコーヒー)

オーストラリア発のオーガニックコーヒースタンドです。オーナー選りすぐりのオーガニックブレンドコーヒーやカフェインレスコーヒーを楽しむことができます。オフィス街にあるコーヒースタンドなので、出勤前のモーニングコーヒーや休憩の一杯が欲しい時にもおすすめのお店です。

“東京都千代田区五番町4-2
Store hour: 【月〜金】8:00〜18:00 【土】10:00〜18:00 日・祝休”
引用元:BunCoffee Byron Bay Speciality Coffee Roasters
http://buncoffee.jp/

KAKULULU(カクルル)

中煎りの「まんなか(中煎り)」、深煎りの「あまにが(深煎り)」、カフェインレスの「ぐうぐう」など、豊富なドリップコーヒーが揃っているリノベーション・カフェです。ブラジル料理を中心としたフードのおいしさも折り紙付き。ジャズライブやギャラリー展も随時行われています。大人の隠れ家的カフェをお探しの方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

“東池袋4-29-6 三角ビル
日曜、月曜、祝日定休。
営業時間 火曜〜土曜 11:30~23:00”
引用元:KAKULULU(@KAKULULU)
https://twitter.com/KAKULULU

終わりに

デカフェの豆知識や、デカフェを楽しめるおすすめ店舗についてご紹介しました。

今回は都内のカフェを中心にピックアップしましたが、デカフェはスターバックスコーヒーをはじめとするコーヒーチェーン店等でも提供されています。様々な店舗のデカフェコーヒーを味わい楽しみながら、お気に入りの一杯を見つけてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

MODERN TIMES編集部

モダンタイムズ公式アカウント
高級賃貸マンションをはじめとした不動産・暮らしに関する情報はもちろん、ハイクオリティなライフスタイルからビジネスキャリアアップに役立つ様々な情報まで幅広くお届け。ブログ・コラム形式で配信中。
このエントリーをはてなブックマークに追加


トップへ戻る