株式会社Modern Standard 運営   アコムでの借り方は?初めての方向けに借りる方法や学生についても解説
[PR表記]このサイトの表記には、プロモーション広告が含まれています。

アコムでの借り方は?初めての方向けに借りる方法や学生についても解説

アコム借り方

読者

学生でもお金を借りられるのかな?

読者

学費や生活が少し足りないのでお金を借りたい。

多くの学生達は、学費やその他生活費について悩んでいます。

確かに、学費が高くて支払いに厳しく、さらに家賃や水道光熱費やその他生活費など重くのしかかり、仕送りだけでは賄えずにバイトしている学生のほうが圧倒的に多いです。

中には、仕送りすら受けられず、厳しい生活を毎日送っている学生もいます。

そこで今回、おすすめしたいのが、アコムという消費者金融です。

アコムは学生からの借入に対応しており、条件が合って審査さえ通れば、学生でもお金を貸してくれます。

学生に向けて、アコムからお金の借り方やその流れについて、紹介していきます。

編集部

学生だけでなく、どのような人でもお金を借りられます。お金に困っている人は是非、本記事を読んで役立ててください!
アコムの借り方についてまとめると…
  • アコムは高校生を除いて学生でも利用できる
  • 高校生としてではなくフリーターとして申し込みは可能
  • 審査時間は最短即日30分である
  • クレジットカードの金融商品を扱っている
  • スマホアプリを使えば管理が簡単

◯関連記事
アコムの評判は悪い?アコムの良い悪いところを利用者の口コミから解説

アコムは誰でも借りれる?口コミ・評判から徹底調査!審査に落ちる原因や申込方法を解説

金融庁公表の情報に基づく注意喚起

アコムが取り扱う金融商品は4つ

アコム借り方

アコムとは、アコム株式会社が運営する消費者金融です。

個人向けのカードローンだけでなく、事業者向けや借換え向けのローンなどを提供しており、他の消費者金融では滅多に見られないクレジットカードも取り扱っています。

お金を借りたいけど、その目的が買い物ならクレジットカードで済みますが、そうではない場合は現金が必要になります。

そこで今回、アコムが取り扱っている金融商品を以下にまとめました。

この4つをそれぞれ挙げて、特徴や誰に向いているのかを解説していきます。

カードローン

年利 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
使い道 不問 ※事業用途を除く
利用できる人 18歳以上(高校生除く)で安定した収入と返済能力を持つ人 ※18歳と19歳の方は収入を確認できる書類(給与明細2ヵ月分など)が必要
担保・連帯保証人 不要

個人的にアコムからお金を借りる場合、カードローンになります。

カードローンは、アコムが発行したローンカードを利用することで、コンビニATMを含む提携ATMなどから借り入れすることが可能です。

また、インターネットから申請すれば、自分の口座に借りた分の金額を振り込んでもらうこともできます。

仮に審査を通過しても、カードが自宅まで届くのに時間がかかるのですが、インターネットであれば、カードがなくてもお金を借りられるのが大きなメリットです。

ACマスターカード(クレジットカード)

年利 10.0%~14.6%
利用限度額 10万円~300万円
使い道 不問 ※事業用途を除く
利用できる人 18歳以上(高校生除く)で安定した収入と返済能力を持つ人 ※18歳と19歳の方は収入を確認できる書類(給与明細2ヵ月分など)が必要
担保・連帯保証人 不要

ACマスターカードは、国際ブランドの「Mastercard」が付加されたクレジットカードです。

対応している国際ブランドはMastercardのみで、VISAやJCBなど他の国際ブランドには対応していません。

クレジットカードとして買い物に利用できますし、ちょっとした出費が必要になったときでも、提携ATMなどから借り入れすることもできます。

編集部

クレジットカードだから、格安SIMなどクレジットカードでしか利用できないサービスも利用できます。

お金は今は大丈夫だけど、クレジットカードが欲しい、だけど万が一に備えたいという人には、ACマスターカードがおすすめです。

ビジネスサポートローン

年利 12.0%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
使い道 事業用
利用できる人 18歳以上(高校生除く)で安定した収入と返済能力を持つ個人事業主 ※18歳と19歳の方は収入を確認できる書類(給与明細2ヵ月分など)が必要
担保・連帯保証人 不要

ビジネスサポートローンは、個人事業主向けのカードローンです。

事業を展開している個人事業主をサポートすることを目的に作られた金融商品になるのですが、利用限度額がカードローンより低いというデメリットを持ち合わせています。

ビジネスサポートローンを利用するメリットは、年収の3分の1以上の金額を借入できるというところです。

ただし、たくさんのお金を借りる際は計画性を持つ必要あることを理解しなければなりません。

これから個人事業主として事業を展開するなら、融資元としてアコムがおすすめとなります。

編集部

カードローンからビジネスサポートローンに切り替えることも可能です。

借換え専用ローン

年利 7.7%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
使い道 複数のローンをひとつにまとめる
利用できる人 18歳以上(高校生除く)で安定した収入と返済能力を持つ人 ※18歳と19歳の方は収入を確認できる書類(給与明細2ヵ月分など)が必要
担保・連帯保証人 不要

借換え専用ローンは、複数のローンをひとつにまとめて返済したい人に向いている金融商品です。

借換え専用ローンでアコムからお金を借入して、借り入れたお金で複数のローンを全額返済するのが主な用途となります。

計画性を持って返済できるのが、借換え専用ローンのメリットです。

返済するには問題ないが、複数のローンがあって、個々に返済するのが面倒だという人には向いています。

アコムでお金の借り方

アコム借り方

アコムでお金の借り方、その流れを以下にまとめました。

2つの流れを順番に挙げて、内容を解説していきます。

申し込みから借りるまでの基本は3ステップ

アコム借り方

アコムからのお金の借り方は色々あるのですが、申し込みから借りるまでのステップは共通しています。

3ステップを順番に挙げて、解説していきます。

ステップ1.アコムに申し込み

申込方法は5つあります。

アコムの申込方法5つ
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送

5つの申込方法の中でおすすめなのが、インターネットです。

インターネットは場所を問わず、パソコンまたはスマートフォンがあれば申し込めます。

申し込んでから最短30分で借入が可能ですので、急な出費が必要になった際にアコムはおすすめです。

逆におすすめできないのが電話と郵送で、理由は時間がかかることにあります。

店頭窓口や自動契約機については、最寄りに店舗や自動契約機があれば、申込方法としてはインターネットよりおすすめです。

早いですし、その場でカードを作ることもできます。

発行されたカードで、コンビニATMを含む提携ATMから現金を借入が可能になります。

編集部

お金を借りたら、返すのが基本です。

ステップ2.必要書類提出

アコムに申し込む際に必要な書類は本人確認書類です。

アコムにとって、有効となる本人確認書類をは4つあります。

本人確認書類4つ
  • 運転免許証(表・裏)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • パスポート
  • 保険証(表・裏)

保険証を本人確認書類として提出する場合、補足書類が必要となります。

補足書類として有効なのが、住民票の写し、公共料金の領収書(電気・ガス・水道等)の2つです。

どちらかひとつ、保険証と一緒に、補足書類として提出することが求められます。

編集部

住民票はお住まいの市役所に申し込めば発行してもらえます。

ただし、借入状況によって、本人確認書類だけでなく収入証明書が必要になります。

収入証明書が必要になる人が、以下に該当します。

収入証明書が必要になる場合
  • アコムの借入金額が50万円を超える人
  • 他社を含めて借入総額が100万円を超える人

そして、アコムにとって有効となる収入証明書はこちらです。

アコムが有効とする収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

どれかひとつ、収入証明書を用意して、本人確認書類と一緒にアコムに提出しましょう。

ステップ3.借り入れ

申し込みが終わると審査が始まるのですが、最短30分で終了します。

ただし、審査の結果のお知らせが、営業時間によって翌日になる場合があります。

アコムの営業時間を以下にまとめました。

アコムの営業時間
  • 自動契約機(むじんくん):9:00~21:00(年中無休、ただし年末年始は除く)
  • ATMコーナー:24時間
  • 店頭窓口:9:30~18:00(土日祝日は休業)

まとめますと、21時を過ぎた状態でインターネットに申し込んでも、審査結果のお知らせが翌日になります。

平日の午前中とか昼間とかなどの時間帯であれば、最短30分で借入が可能になるわけです。

アコムのお金の借り方2つ

アコム借り方

アコムの審査を経てお金を借りることができるようになったのですが、借り方が2つあります。

アコムの借り方2つ
  • 振込で借りる
  • ATMで借りる

審査通過してお金を借りられるようになったという前提で、2つの借り方をそれぞれ挙げて、解説していきます。

アコムの借り方その1.振込で借りる

アコムに申請して、自分の口座に借りたい金額分を振り込んでもらうという方法です。

その方法は3種類あります。

振込で借りる方法3種類
  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 電話

振込で借りる方法の中でおすすめなのが、インターネットとスマホアプリです。

インターネットで申請して振り込んでもらう方法はまず、アコムの公式サイトにアクセスしてログイン手続きを行います。

会員番号とパスワードを入力すれば、ログインが可能です。

編集部

パスワードを設定していない場合は4桁の暗証番号で、パスワードとして入力してください。

その後、画面の指示に従い、振込手続きを行いましょう。

スマホアプリの場合ですが、パソコンはないけどスマートフォンを持っているという人にはおすすめの借り方です。

アコムのスマホアプリは、iPhone(iPad)とandroidスマートフォンの両方に対応しており、申し込みから借入と返済まで、スマホアプリだけで完結できます。

借入状況や残高なども確認できるので、アコムからお金を借りる際にスマホアプリは欠かせないと言っても過言ではありません。

電話を使って、借入を申請する方法もあります。

しかし、インターネットやアプリが発達しているうえに、アコムがスマホアプリとして配信しているので、電話で借入するメリットはありません。

アコムからお金を借りる際は、インターネットまたはスマホアプリの活用をおすすめします。

編集部

ただし、銀行営業時間内にならないと振込が反映されない場合があるので注意が必要です。

アコムの借り方その2.ATMで借りる

アコムのカードがあれば、ATMからお金を借りることができます。

アコムが設置するATMだけでなく、提携されているコンビニや銀行のATMでも、利用は可能です。

注目していただきたいポイントは提携ATMですが、全てのATMがアコムと提携しているわけではありません。

アコムと提携しているATMを以下にまとめました。

提携ATM一覧
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イーネット ※1 ※2
  • ローソン銀行 ※3
  • イオン銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行 ※3
  • 八十二銀行 ※3 ※返済・入金は不可
  • 三十三銀行
  • 広島銀行 ※3
  • 西日本シティ銀行
  • 十八親和銀行
  • 熊本銀行
  • クレディセゾン ※3

※1:E-netのマークがあるコンビニなどATMに対応
※2:ATM画面に表示される銀行名が、三菱UFJ銀行、北海道銀行、北陸銀行、福岡銀行、十八親和銀行、熊本銀行の場合のみ入金が可能
※3:1万円単位の借入のみ対応

これだけのATMに対応しているのが、アコムの魅力と言っても過言ではありません。

対応していないATMがある場合でも、利用する方法があります。

上記の見出し「アコムの借り方その1.振込で借りる」でも説明に触れていますが、自分がよく利用する口座への振込を申請し、振り込まれたらATMで現金を引き下ろすというやり方です。

この方法は現金が手元に入るまで少し時間がかかりますが、一刻も早く現金が必要だという人には、ATMの借り方がおすすめです。

アコムへの返済方法5つ

アコム借り方

アコムからお金を借りたら、利子込みで必ず返済しなければなりません。

そこで、アコムへの返済方法を以下にまとめました。

5つの返済方法をそれぞれ挙げて、どのように返済するのかをまとめていきます。

編集部

自分に合った返済方法で、アコムに返すのが一番です。

アコムへの返済方法1.インターネット

アコム借り方

インターネットの返済方法を利用するとき、指定口座がインターネットバンキングの銀行口座である必要があります。

アコムに対応しているインターネットバンキングを以下にまとめました。

インターネットバンキング可能金融機関
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 楽天銀行
  • その他インターネットバンキングに対応している銀行
  • インターネットバンキングに対応している信用組合・信用金庫

詳しい内容はこちら「インターネットバンキング可能金融機関」を参照ください。

ご自身が持っている銀行口座がインターネットバンキングに対応している可能性があります。

インターネットバンキング対応の銀行口座を指定している前提の上、返済の流れを以下にまとめました。

インターネットで返済する流れ
  1. 公式サイトからログイン
  2. 「インターネットで返す」をクリック
  3. 「金融機関でお手続きを進める」をクリック
  4. 利用しているインターネットバンキングの口座を選択してインターネットバンキングにログイン
  5. インターネットバンキング上で決済口座を選択して支払いを実行
  6. 支払いを実行後、通常30分以内に返済が完了して、同時に残高が変更される

スマホアプリを使えば返済手続きは簡単ですが、パソコンを持っていれば、パソコンで返済手続きをするのも、ひとつの選択肢です。

アコムへの返済方法2.アコムATM

アコム借り方

アコムのカードを持っていれば、アコムATMでの返済が可能です。

返済方法を具体的に説明しますと、まずはカードを持って、最寄りのアコムATMに行きます。

アコムATMの画面の指示に従い、カードをアコムATMに挿入し、四桁の暗証番号を入力します。

「ご返済」を選択し、現金を投入して「読取」を選択してください。

問題がなければ「確認」を選択して、カードと明細書を忘れずに受け取りましょう。

これで、アコムATMの返済手続きが完了です。

アコムへの返済方法3.提携ATM

アコム借り方

最寄りにアコムATMがない場合、提携ATMで返済することをおすすめします。

提携ATMの操作は、各ATMによって異なりますが、ほとんどがアコムATMと共通しています。

最寄りにコンビニATMなどがあれば、現金での返済が可能です。

編集部

ATMで返済するときはアコムのカードを忘れないでください。

アコムへの返済方法4.振込

アコム借り方

インターネットバンキングに対応していない銀行口座を利用している場合、振込という返済方法がおすすめです。

振込は文字どおり銀行振込で、銀行振込で返済するという方法となります。

返済方法を以下にまとめました。

振込で返済する流れ
  1. 公式サイトからログイン
  2. 「振込で返す」をクリック
  3. 振込先口座情報が表示される
  4. 確認した口座に振込手続きを行う

これで終わりです。

もし、インターネットバンキング対応の口座があるのでしたら、その口座の利用をおすすめします。

アコムへの返済方法5.口座振替(自動引き落とし)

アコム借り方

口座振替(自動引き落とし)という返済方法があります。

計画的に返済できるという特徴を持ち、支払い忘れがほとんどないというメリットも持っています。

たくさんのお金を借りるなら、この返済方法はおすすめです。

口座振替に切り替える方法を以下にまとめました。

口座振替に設定する方法の流れ
  1. 公式サイトからログイン
  2. 「口座振替(自動引き落とし)のお申し込み」をクリック
  3. 「口座登録はこちら」をクリックして、引き落とし先として自分が持っている口座を登録
  4. 引き落とし対象の口座が表示されたら「次へ」をクリック
  5. 内容に問題がなければ「金融機関サイトへ」をクリック
  6. 金融機関のサイトで、画面の案内に従って手続きを行う
  7. 手続き完了後、アコムのページに戻ると、お申し込み完了の画面が表示される

スマホアプリでも、口座振替の手続きが可能です。

計画的な返済を希望するなら、口座振替がおすすめとなります。

学生がアコムからお金を借りるための条件

アコム借り方

学生でも、アコムからお金を借りることができるのですが、条件を満たさないと借りられません。

その条件とは、「18歳以上(高校生除く)で安定した収入と返済能力を持つ人」です。

ビジネスサポートローンの場合は「18歳以上(高校生除く)で安定した収入と返済能力を持つ事業者」となります。

自分は高校生ですが、これから大学などに進学するためにお金が必要、だけど高校生という理由でアコムなど消費者金融からお金を借りることができないという人もいるでしょう。

その場合、高校生としてでなく、フリーターとして申し込んでください。

フリーターは学生でもなく、収入を得ているバイトまたはパートだからです。

編集部

身分が高校生ではなくフリーター・パートなら申し込めるということです。

アコムでお金を借りるメリット4つ

アコム借り方

アコムでお金を借りるメリットを以下にまとめました。

メリット4つをそれぞれ挙げて、解説していきます。

メリット1.審査が早い

審査が早いのがメリットです。

アコムの審査は、申し込んでから最短30分で完了します。

申し込んだ日が営業時間外とか、混んでいるという場合は、審査の結果が翌日に持ち越される場合があります。

一刻も早くお金を借りたい人は、アコムがおすすめです。

メリット2.無利息の期間がある

アコムでは「30日間金利0円サービス」というサービスを提供しています。

アコムを初めて利用する人を対象にしたサービスであり、借りてから30日以内に返済すると、金利が付かないというものです。

1万円借りても、1万円返済すれば良いだけというものですが、30日間過ぎたら金利が付くことを注意しなければなりません。

初めてお金を借りるのが不安、だけどお金が必要だという人は、このサービスを利用しましょう。

編集部

すでに利用している、利用したことがある人は、このサービスを利用できません。

メリット3.いつでも融資を受けられる

アコムの審査さえ通れば、申請すればいつでも融資を受けられます。

また、手元にアコムのカードがあれば、そのカードでコンビニATMなどから現金を借入できます。

今すぐお金を借りたいというわけじゃないけど、万が一に備えたいという人には、アコムは向いています。

メリット4.担保・連帯保証人が不要

アコムは、担保や連帯保証人を必要とせず、お金を借りられるというメリットがあります。

今でこそ、他の消費者金融や銀行でも、担保や連帯保証人が不要でお金を借りられますが、なにもない人にとっては大きなメリットです。

ただし、大きな資金を借入する際は、担保または連帯保証人が必要になることを覚えておきましょう。

アコムでお金を借りるデメリット3つ

アコム借り方

アコムでお金を借りるデメリットは3つあります。

3つのデメリットをそれぞれ挙げて、解説していきます。

デメリット1.金利が高い

アコムのデメリットのひとつに、金利が高いことが挙げられます。

アコムの金利は最高18%なのですが、銀行カードローンの金利が13%~14%であるのがほとんどです。

一見すると、アコムより銀行で借入したほうが得なんじゃないかと思われがちですが、銀行は審査が非常に厳しいという一面を持ちます。

審査結果が出るまでに2週間前後かかるので、今すぐお金を借りたいという人には向いていません。

アコムは金利が高いけど審査はすぐに終わるという特徴を持っています。

デメリット2.提携ATMだと手数料がかかる

アコムATMは手数料がかかりませんが、提携ATMだと手数料がかかります。

どのくらい手数料がかかるのかを以下にまとめました。

提携ATMの手数料
  • 借入金額1万円以上:手数料110円
  • 借入金額1万1円以上:手数料220円

提携ATMを利用する際は、手数料に注意しましょう。

デメリット3.総量規制の対象で多くのお金を借りにくい

総量規制の対象で多くのお金が借りにくいのもデメリットのひとつですが、これはどの銀行や消費者金融でも同様です。

総量規制とは、年収3分の1までしか借りられないという制度で、それ以上のお金を借りることができません。

これはユーザーを守るための制度であり、消費者金融や銀行など貸金業者を守るための制度でもあります。

貸金業者がもっとも恐れるのは、貸倒れです。

貸倒れは、貸したお金が回収不可能になったときに使われる言葉で、簡単にまとめるなら「貸金業者の損失」を意味します。

多くのお金を借りることを希望するなら、ご自身の年収を高くする必要があります。

アコムの借り方(借入)まとめ

アコム借り方

アコムの借り方を紹介しましたが、確かにアコムは審査が早く、急な出費のためにお金が必要だという人にとっては助かります。

審査が早いメリットがある一方、金利が高いというデメリットを理解しなければなりません。

だけど、始めてアコムを利用する人に向けて、「30日間金利0円サービス」というサービスを提供しているので、そのサービスを利用すれば金利ゼロでお金を借りることができます。

審査結果が出るまで通常、最短即日30分ですので、今すぐお金が必要だという人には、アコムを利用してお金を借りましょう。

編集部

お金を借りた以上は返すことを心掛けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です